ワッペン用両面接着テープ

ワッペン用両面接着テープ

 

携帯電話に貼り付け可能なオリジナルワッペンを、
御社が製造発売元として販売してみませんか?

 

【特徴】

ワッペン側と接着側の接着強度を変えた特殊な両面接着テープです。
ヒートカットできますのでどんなデザインでも製造可能です。

 

【用途】

携帯電話に貼って、オリジナル刺繍入りのワッペンデコ電を作る。

ノートパソコンに名前入りワッペンを貼って、自分専用のデコパソを作る。

工事現場のヘルメットに貼って、安全第一のデコメットを作る

野球のヘルメットに貼って、ホームランの打てるデコメットを作る。

ガラス窓に貼って、行列の出来るデコ店にする。   などなど

【作り方】
≪≪手順1≫≫

ワッペンシートなどにレーヨン糸で刺繍する

※ヒートカットしますので、中はポリエステルでも縁だけは必ずレーヨン糸を使ってください。

 写真は、フェルト(ポリエステル100%)

 ヒートカットに刺繍しています。

≪≪手順2≫≫

ワッペンの裏にサーモライト50ミクロンを貼ってください。

(サーモライトフイルムのページ)

アイロンの中(約140度)の温度で体重をかけて7秒で接着して下さい。

よく冷えてから裏の剥離紙を取って次の工程へ

<サーモライトの接着の理由>
布には、凸凹や、油や樹脂などがついている為、ワッペンの裏をツルツル面にする為です。

50ミクロンの理由>
裏面をツルツルにするためのフィルムですので、価格が安い50ミクロンを使いました。
在庫に100ミクロンがあれば新しく購入の必要はありません。

≪≪手順3≫≫

両面接着テープをワッペン生地の裏から、圧力をかけて、しっかり貼り付ける。

アイロンには熱は入っていません。

押さえる道具に使っただけです。

裏に両面接着テープを貼った状態です。
≪≪手順4≫≫

裏の剥離紙を付けたまま、表から刺繍の周りをヒートカットします。

ガラスの上で気をつけて、ヤケドしないように。 

ハートの周りをヒートカットしました。

※生地と両面接着テープだけがヒートカットできています。剥離紙は、ヒートカットできていません。

≪≪手順5≫≫

剥離紙を付けたまま、表から刺繍以外の余分な部分を剥がす。

≪≪完成≫≫

出来ました。完成です。

私のケータイをデコ電にしてみました。

少し大きすぎましたが、私だけの刺繍ワッペンが付いたデコ電です。

簡単に作れました。しっかり貼れています。

ヒートカットでワッペンを作ったことのある方でしたら、難しい工程はありません。

剥がしたあとの粘着剤は、相手(携帯)方に残りにくい性格をしています。

【商品名】

ワッペン用両面接着テープ(携帯用)

100mm幅×30m巻(販売単位)

 

商品の発注及び問合せ info@ohmotokk.co.jp

電話 084-923-4570 FAX 084-931-0139
〒720-0805 広島県福山市御門町1-2-9
大本商事株式会社

担当大本光政

INDEX