置き縫いシート

グッドパンチシート(ジャガードシート・置き縫いシートなど、呼び方いろいろ)

ハンカチの角、ネクタイの先、柔道の帯など、
刺繍枠にはさむことができない生地・箇所に刺繍する時に、
『置き縫い刺繍』という方法を使います。

堅くてしっかりした紙です。

■商品

グッドパンチシート 100cm幅
 ・シングル(片面ラミネート)
 ・ダブル(両面ラミネート)

販売単位:1mカット〜

※シングルが一般的です。

(1)
グッドパンチシートの商品の姿です。
1m巾です。
販売単位は1mより。

(2)
ジャガードシートを

刺繍枠に張る前の写真

(3)
置き縫い刺繍の写真です。

枠にシートを貼って、刺繍より少し大きめの穴を明ける。

(4)
穴の周りに両面接着テープを貼る。

よく使われるのが20mm幅

今回は服が撥水加工のので、接着しにくいのでずれないように押しピンをセットした写真です。

(5)
穴より少し大きめに下紙を切って張る。

残りの両面接着テープで布を

固定します。


例.20mm幅の両面接着テープ使用

の場合、

約7mmを下紙の接着に。残り

約13mmを布の固定に使います。

(6)
ネームを刺繍するために
服を定位置に置いた写真
刺繍のスイッチを入れる前の写真

別の会社の写真です。
   

(7)
線を引いた定位置に布を置いた写真

(8)
この刺繍はハンドステッチです。
これで完成です。

糸を太くすると糸調整が困難な為

使い慣れた太さの糸で同じところを

数回 行ったり来たりするのが綺麗です

(9)
刺繍工場さんの風景

(10)
刺繍工場さんの風景
   
 

@
刺繍枠にグッドパンチシートを張って、
直接刺繍をしてみる。

刺繍する場所がわかります

   

A
水平線 垂直線を書いて、
刺繍の周りリッパーで切って
窓を開ける。

   

B
窓の周りに両面接着テープを貼る。

   

C
Tシャツなどの製品に、
140WAPの芯をアイロン接着する

   
   

D
両面テープで生地を固定する。

Aの水平線、垂直線を参考にします
140WAPを貼ると布がカッチリするので
定位置に置きやすくなっています。

 

E
それでも綺麗に出来ない時は、
追加で『ハイボン下紙150番』を
生地の下に追加。




INDEX